CMS構築・CMS導入がWebサイト運営を効率化する!

2017年07月19日

パソコンをする男性

企業のWebサイトは、小まめな更新がサイトの価値を高め、アクセス数増加に繋がります。とはいえ毎回、サイト更新に多くの手間をかけるのは、面倒なこと。

継続的な更新のためにも、作業フローはできるだけ簡略化したいものですね。そこでオススメなのがCMS構築。企業のWebサイトにおいて、CMS導入は今や一般的となっています。そんなCMS構築のメリットとは、具体的に何なのでしょうか?

企業のWebサイトでCMS導入するメリットとは!?

CMSが登場する以前のWebサイト運営は、非常に複雑で多様な作業が必要でした。投稿したい文章を作成したら、HTMLやCSSでコーディングを行ない、画像サイズを調節し加工。

ファイル転送ソフトでサーバーに転送しなければなりませんでした。また、動的な問い合わせフォーム機能を追加するとなると、PHPなどのプログラムで開発する必要がありました。

一方、CMSを導入するとブラウザ上のシステムにアクセスし、テキストや画像情報を入力するだけで、簡単にWebサイトを更新することができます。

つまり、CMSは専門的なスキルや知識を学習することなく、Webサイトを更新・管理できるオープンソースなのです。その他、一般的に紹介されるCMS構築のメリットには以下のようなものがあります。

1、編集上のミスを減らすことができる。 2、サイト全体のデザイン変更が簡単に行なえる。 3、CMS構築3、投稿の事前予約ができるため、作業時間が拘束されない。

CMS構築にあたり、どのようなツールがあるのか?

1、WordPress

最も広く知られている有名CMSが『WordPress』。数多くのデザインテンプレートがあり、ネット上にも活用事例が多く見られます。企業Webサイトにおいては、最も導入されているのではないでしょうか。

2、Jimdo

オンラインショップを作るために便利なのが、『Jimdo』です。お洒落なWebサイトが簡単に作れるため、現在では80,000以上のオンラインショップが作られているそうです。商品数の制限なく、出品もお手軽なので、オンラインショップを持ちたい企業にオススメです。

3、baserCMS

CakePHPをベースに日本人によって開発されたCMSが『baserCMS』。簡単にメールフォームを設置できたり、SNSとの連携機能があったり基本機能が充実しているので、企業のコーポレートサイト制作にオススメです。

以上は、代表的なCMSです。その他にも、無料から有料まで様々なCMSがネット上には溢れています。ぜひ、自社のニーズにあったCMS導入を行ない、Webサイトを制作してみてはいかがですか?

手間をかけずCMS構築をするには! ランサーズ活用のススメ

ここまでCMS導入のメリット、代表的なツールをご紹介してきました。企業のWebサイト制作において、CMS導入が非常に価値あるものだとお分かりいただけたかと思います。

では、CMS構築しWebサイトを制作するにはどのような方法があるのでしょうか。一般的には内製もしくは制作会社への外注が浮かぶ方が多いことと思います。そこで、ひとつのご提案。ランサーズをはじめとするクラウドソーシングをご存知ですか?

ランサーズなら、登録している専門家に発注できるので、社内リソースに頼ることなく、効率的にCMS導入を行なうことができます。今や社内か制作会社に頼るだけが、手段ではありません。ぜひ、この機会でクラウドソーシングを活用してみるのはいかがでしょうか?

※2017年7月19日加筆・修正

CMS構築・WordPress制作ができる人を探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ