SNSマーケティングで得られる効果と必要なスキル

2016年02月19日

SNSボタン

Facebook、Twitter、Google+……。個人が情報を発信するツールとして、今やSNSは当たり前のツールとなりました。もとは個人の情報発信ツールとして普及したSNSですが、近年では企業のマーケティングツールとして導入される例が目立ちます。

俗に「SNSマーケティング」と言われるこの施策は、告知や広告を配信することで、自社への集客に繋げることができます。とはいえ、このSNSマーケティング。一体どのようなものなのでしょうか?

そもそも、SNSマーケティングって何!?

今回のテーマは「SNSマーケティング」。Facebook、Twitterなどを利用し、企業または商品・サービスに対する顧客ロイヤルティを高めることを目的としたマーケティング施策です。

SNSマーケティングを実践することで、顧客の反応を直接伺いながらコミュニケーションが取れるので、顧客との距離を縮めることができます。

SNSマーケティングの強みは、無料で多数のユーザーへアプローチすることができる点。費用をかければ広告を掲載することも可能ですが、やはり無料から始められる点が、企業の敷居を低くしていると考えられます。

SNSマーケティングで期待される効果とは!?

先ほど、SNSマーケティングの効果としてユーザーとのコミュニケーションが顧客ロイヤルティ向上に繋がる点をご説明しました。

ただ、それだけではないSNSマーケティングの効果。他にはどのような点が期待されるのでしょうか?

まず、ひとつは企業のブランディング形成。日々の情報発信を通して企業や自社商品、サービスを知ってもらうことでフォロワー数、いいね数が増加。伝えたいメッセージをユーザーに届けることが、企業のブランディングに繋がります。

同時に認知拡大やプロモーションへの効果も期待することができます。効果を測る指標としては、リーチ数、インプレッション数などがあげられるでしょう。

また、オウンドメディアを運営している場合は、メディアへの誘導。自社商品やサービス情報を発信している場合は、登録や売上増などコンバージョンへの良い効果が期待されるのではないでしょうか。

SNSマーケティングを実施するには、どんなスキルが必要か!?

ここまでSNSマーケティングとは何か、そして得られる効果について説明してきました。でも、実施するとなると具体的にどのようなスキルが必要となるのでしょうか?

1、SNSにおけるコミュニケーション能力

SNSは基本的に誰でも投稿を見ることができます。とはいえ、企業がSNSマーケティングを着手するとなると、伝えるべきターゲットが決まっていることでしょう。

ターゲットに対し、どのように伝えることが目標達成に向けて最適であるのか。相手が何を求めているのか常に考え、汲み取る能力が必要となります。

2、ユーザーの動向にあわせ運用できる能力

SNSマーケティングでは、ターゲットの利用状況やタイムラインの流れ方にあわせ発信する必要があります。投稿は1日1回がいいのか、画像は添付するべきなのか、文字数は最適か……など投稿を目にするユーザーの視点にたって考えることができる能力が問われます。

3、SNSに関するテクニカルな知識

それぞれのSNSで何ができるのか、どのような操作をするべきか把握している必要があります。個人でよく利用するという人も、SNSマーケティングとなると、日常で使わない機能を使用することもあるはず。ある程度、機能について学ぶ必要があるでしょう。

自分でSNSマーケティングをやるのが億劫ならば……。

ITを専門とする企業であるならばまだしも、それまでSNSを一切やってこなかった企業やお店がSNSマーケティングに踏み切るのは、少し腰が重いもの。

かといって、SNSをよく使う若手社員もいない。でも、SNSマーケティングにはきっと効果があるはず……。

そんなジレンマを抱えている方は、ぜひクラウドソーシングを利用してみてはいかがですか? クラウドソーシングには、多彩なノウハウをもつSNSマーケターが在籍。

知識をもつ社外の人材をうまく使うことで、これまで実現できなかった顧客とのコミュニケーション、顧客ロイヤルティの向上も実現できるでしょう。

<ライター:運営事務局>

SNSマーケティングの仕事を依頼できる人を探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ