中国語翻訳の外注は、翻訳会社よりもソフトよりもランサーズが良い理由

2017年07月20日

中国_上海の街並み

かつてに比べ、鈍化したと言われるものの、未だに年7%の成長率をみせる中国経済。可能性を秘めた中国市場に、各国企業が魅力を感じています。国内でも、ユニクロやサントリーなどの大企業のみならず、中小企業で中国進出している会社も多いのではないでしょうか。

中国に進出するとなると、生じる課題が中国語翻訳。大企業ならまだしも、中小企業で中国語翻訳に長けた人材を豊富に抱えるのは負担がかかる。では、人材不足の中小企業が中国語翻訳の課題を解決するには、どうすればよいのでしょうか?

正しく中国語翻訳することが、中国市場で成功するカギ!?

まず、中国語翻訳の課題解決法をご説明する前に、海外進出における「言語の重要性」について説明したいと思います。

「海外進出と言語」について面白い調査結果があります。英国貿易投資総省(UKTI)が行なった調査によると、企業が海外進出しローカライズをする際には、ユーザーが「単に理解できる言語」ではなく、「最も心地よく読解できる言語」を使用した企業のほうが、そうでない企業に比べ、約6倍の収益をあげているそうです。つまり、それだけ翻訳の質が重要であるということです。

中国進出する際に必要な中国語翻訳でも、いかに自社製品とサービスをローカライズするかが重要であることが分かります。しかし中小企業では、習得済み、もしくは短期で中国語翻訳を学習できる人材が少ない。

そして、該当スキルをもつ人材を新たに採用できるほど、資金に余裕がないのが実状です。課題解決には、外注をするか、なにがしの翻訳ツールを使う方法しかないのです。

中国語翻訳を外注する! おおよその相場とは?

社内に人材がいないなら、真っ先に考えるのが外部企業への委託ではないでしょうか。しかし、費用がいくら必要か気になりますよね。そこで中国語翻訳の一般的な相場をまとめてみました。

参考にしたのは「技術翻訳株式会社」「NCA 中国語翻訳サービス」「中国語 翻訳Web」。3つのWebページを見てみると、手紙やメールなどの『一般文書』の場合、文字単価は2.5〜13円ほど。契約書や説明書などの『専門文書』の場合、文字単価は4円〜16円ほど。法律や医療関係の『特別文書』の場合、文字単価5円〜21円ほどでした。

当たり前ではありますが、外注する企業によって相場はまちまち。また、委託企業のなかには、文書のジャンルによって細かく価格が変わるものがあるので、複数社を事前にしっかり比較する必要があるでしょう。

専用ソフト購入して中国語翻訳を行なう

外注するのではなく、中国語翻訳専用のソフトを購入し、翻訳を行なうという方法もあります。こちらも様々な種類のソフトが市販されているのですが、いくつか代表的なものをご紹介したいと思います。

1、『Chinese Writer10 スタンダード

初心者でも簡単に中国語入力ができる点から人気のソフト。手書き入力の他、声調付きピンイン入力も可能で、中国語の文章作成がラクにできます。価格は23,760円(ダウンロード版)。

2、『J 北京7 スタンダード2

よりビジネスで本格的に中国語翻訳が必要な方におすすめのソフト。Office系ソフト、ブラウザ、メールソフトからワンクリックで翻訳が可能であるため、効率よく翻訳作業を進めることができます。価格は34,560円(ダウンロード版)。

3、『コリャ英和! 中国語 2015 for Win

ワンクリックで簡単に翻訳可能な操作パネル。効率よい翻訳に最適な対訳形式の「翻訳エディタ」を搭載しています。動作環境がWindows OSのみとなっている点が難点ですが、多くのユーザーに愛されている翻訳ソフトです。価格は9,051 円(ダウンロード版)

外注はコストが気になる。でも、ソフトだと品質が不安……。

仮に中国語翻訳を文字単価10円で発注した場合、10,000字で10万円かかります。専門的な文書を発注するとなると、より高額になるででしょう。

外注はコストがかかるからと翻訳ソフトを使用したならば、次は品質が気になるのではないでしょうか。どれだけ高性能だったとしても、コンピューターの翻訳には不安や物足りなさを感じます。

そこでおすすめするのがランサーズのクラウドソーシング活用。ランサーズならば、プラットフォームを通じて、直接、翻訳家に発注することができるので、通常の外注よりもコストを抑えることができます。そのうえ、多様な人材が登録しているので、貴社にあった翻訳家に巡りあうことができるでしょう。利用経験者の声で多いのは、「翻訳会社に依頼するよりも、スピードが早い」「誰でもできる仕事ではないので、翻訳の仕事を受注している人はスキルがある」「スピード、品質ともに満足なのに、ソフトを買うよりも、翻訳専門外社に頼むよりもコストパフォーマンスがバツグン」など。

中国語翻訳のニーズを抱えている方は、ランサーズの活用を一度、検討してみてはいかがでしょうか?

※2017年7月20日加筆・修正

中国語翻訳の仕事を依頼できる人を探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ