ノベルティや販促グッズ制作は、誰に依頼すればいい?

2015年07月10日

CSkenkyuu

クリアファイル、ノート、、ボールペン、えんぴつ、カレンダー、うちわ、ポケットティッシュ、タンブラーなど…世の中にはさまざまな販促グッズが存在します。そして、こういったノベルティや販促グッズを配布する企業は、今の時代少なくありません。では、ノベルティ制作やグッズ制作が必要になった時、誰にデザインを依頼をすればいいのでしょうか?ここではいくつかの選択肢を紹介していきます。

販促グッズ制作が必要になった際の選択肢3つ

[1]自力でやってみる
たとえば、IllustratorなどのソフトがPCに入っており、簡単な操作ができるのであれば、「自分でデザインしてみる」というのも一つの手です。自分でつくるからこそ、イメージしている完成形に最も近いものをつくることができます。

[2]人脈をフルに活用する
友人、知人、親族、後輩、友人の知人などの中に、デザインが得意な人がいるのであれば、依頼してみましょう。必要以上にコストをかけず、ノベルティやグッズのデザインを手に入れることができます。ただ、依頼する相手が身近であるがゆえに、ディレクションのしづらさは少なからず発生するでしょう。

[3]制作会社に依頼する
ノベルティ制作を専門で手がけている制作会社が世の中には存在します。デザインだけでなく、製造・納品までを一貫して依頼できるため、ノベルティやグッズを制作する上での手間を最小限に抑えることができます。販促グッズが必要になった時、最も頼れる依頼先です。

クラウドソーシングという新たな選択肢

「自分」「身近な人」「制作会社」という選択肢に加え、最近注目を集めているのが「クラウドソーシング」を活用した販促グッズ制作です。クラウドソーシングを活用すれば、プロのデザイナーにデザインを依頼することができます。

また、コンペ形式を利用すれば、複数のデザイナーからデザイン案の提案を受けることができます。その中から、最もイメージに近いデザイン案を採用すればいいのです。もし販促用グッズ制作が必要になった場合、新たな選択肢としてぜひクラウドソーシングの活用を検討してみてください。

<ライター:花井 成晃>

ノベルティ・販促グッズを制作できる方を探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ