ロゴ作成・ロゴデザインの必要性が生じた際の選択肢5つ。

2014年10月27日

05_ロゴ1180_014306

企業や店舗、チーム、商品、サービス、サイト、ブランドなど、ロゴ作成・ロゴデザインが必要になる機会は様々あると思います。では、誰が、どうやって作成するのか?ここでは、メリット・デメリットの両側面に目を向けながら、5つの選択肢を提示します。

自分のイメージを100%形に出来るのは・・・

【1】自分で作る・・・これが出来るならば、一番理想的です。かかるコストもあなたの時間のみ。ただし、技術とセンスによほど自信がない限りは、その道のプロに依頼したほうが無難でしょう。

豊富な人脈がモノを言う!?

【2】身近な人に頼む・・・友人、知人、先輩、後輩、上司、同僚、部下などの中に、依頼できる人がいれば依頼してみることも検討の余地があります。コストも抑えられそうです。しかし、身近過ぎるがゆえに気を遣ってしまい、あまり無理も言えずにクオリティ面で妥協する、ということもありそうです。

いろいろ安心な王道パターン

【3】外注する・・・Web制作会社やデザイン会社に外注。結局はこの選択肢を選ぶ方が一番多いかと思います。クオリティ的にも安心できる分、費用は最もかかります。何より、選定が最も難しいかもしれませんね。

意外な裏ワザ!

【4】無料サイトを使う・・・最近では、なんと無料でロゴ作成ができるサイトがあるそうです。「ロゴ作成 無料」で検索してみてください。ただし、日本語NGのサイトや、よくよく読んでみると最終的には費用がかかるサイトも見られますので、十分に注意して活用したほうが良いでしょう。

パートナーをスポット的に選ぶ

【5】クラウドソーシングを使う・・・ロゴ作成・ロゴデザインが得意なフリーランスも多数在籍。【2】が良かったけど身近にはいないという場合や、【3】を検討していたけど様々な制約があって面倒という場合も、ここでなら理想に近いパートナーが見つかるかもしれません。

<ライター:池端 威>


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ