ホームページ更新。サボるとこれだけ損をする。

2015年05月08日

20150508_CS研画像

全世界に対して、24時間フル稼働で情報を発信し続けてくれる有力なプロモーションツール。それが「ホームページ」です。ただ、せっかく作ったホームページ、作った時のまま放置している…なんてことはありませんか?そんな状態では、残念ながらホームページのチカラを100%活かせているとは言えません。
 
ここでは、ホームページを更新するメリットをお伝えするとともに、「クラウドソーシングサービス」を利用して、「更新をプロに依頼する」という選択肢についてもご紹介したいと思います。

小まめな更新は、ユーザー獲得につながる。

ユーザーがホームページを訪れた時、「ニュースリリースの日付が数年前になっている」など、全く情報が更新されていなかったら。少なからずイメージダウンにつながることは間違いありません。むしろ、「現在もきちんとサービスが提供されているのか?」という不安を与えてしまう恐れも。
 
逆に、自分にとって興味のあるコンテンツが多くあり、更新が定期的に行なわれているホームページなら、ブックマークに登録してくれたり、SNSでフォローしてくれたりするかもしれません。つまり、リピートだけでなく、新規ユーザーの獲得も見込めるのです。

また、ホームページのアクセス数に大きな影響を与える「検索エンジン」。特定のキーワードで検索した際、表示される順位が大切なのですが…。この順位は、ホームページをきちんと更新することで検索エンジンからの評価が高まり、上がっていくものなのです。

それでも手間がかかる更新作業。プロに任せる?

定期的にコンテンツを増やしたり、ニュースリリースを更新したり。新しい情報を更新し続けることによって、ユーザーに信頼感を与えられるだけでなく、リピート率も上がり、検索エンジンからの評価も高まる。しっかりやらない手はないですよね。

ただ、「忙しくて手が回らない…」「社内に担当者がいない…」そんな事情を抱えて、なかなかホームページ更新に時間を割くことのできない場合もあるかと思います。そんな方におススメしたいのが、クラウドソーシングを使ってプロにお任せする、という方法です。
 
「ホームページの写真を入れ替える」「一文付け加える」といった作業から、コーディングやWordPressでのブログ投稿など、継続的な作業を依頼することが可能です。もし、手間や時間の問題で、大切なプロモーションツールをさび付かせてしまっているのなら、ぜひ検討してみてほしい選択肢です。

<ライター:藤田 浩>

Webサイト運用・システム保守の仕事を依頼できる方を探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ