SEO対策のススメ|あなたのサイト、見られてる?

2015年04月24日

キャプチャ_2015_04_24_16_07_29_834

最近、コンテンツマーケティングの一環としてオウンドメディアを立ち上げる企業が増えてきています。もしかしたら、会社から「オウンドメディアを立ち上げてほしい」という要望を受けて、サイトの企画・構築に取り組んだという方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、”つくって終わり”になってはいませんか?せっかく苦労してサイトをつくって、コンテンツを掲載しているのなら、読者に見てもらえる仕組みもつくるべき。せっかくつくったのに見てもらえないのは、とてももったいないことです。

そこで欠かせないのがSEO対策。「聞いたことはあるけど何をすればいいのかわからない」という方は、ぜひこちらでSEO対策のイロハとSEO対策するうえで効率的な方法を理解しておきましょう。

SEO対策って何?

まず、SEO対策が何なのかを簡単に触れておきます。SEOとは、検索エンジン最適化のこと。英訳すると「Search Engine Optimization」となり、頭文字をとったものがSEOです。

つまり、GoogleやYahoo!でキーワードを検索したときに上位表示されるための施策のこと。当然ですが、上位に表示されるページのほうが下位に表示されるページよりもクリックされる可能性は高くなり、1位と2位では倍ぐらいクリック率が変わることもあります。もはやSEO対策はサイトを構築する上で、なくてはならない施策となっています。

SEO対策って知識も要るし、時間もかかる…。

サイトが見られやすくなるのなら、ぜひ実践したい…と思われたかと思いますが、しっかりとSEO対策するには正しい知識と対策に費やす時間が必要です。正しくSEOを理解して施策を実行できる方でなければ、施策が逆効果に働くこともありますので、残念ながら、誰でもカンタンにできる代物ではありません。

たとえば、ひとつの対策キーワードを選ぶにも吟味が必要。あるキーワードで上位に表示されたとしても、そのキーワード自体がよく検索されるものでなければ、サイトへの訪問数を増やしていくことはできません。

また、最適なキーワードを選べたとしても、狙い通りに上位表示させるためにはシステム周り(htmlなど)の知識は不可欠。さらに、仮にSEO対策したとしても結果が出るのに数ヶ月かかるため、狙い通りの結果になっているかの効果検証と、結果に対しての追加施策の検討など、対策後にPDCAサイクルをどれだけ回していけるかが重要になります。…SEO対策の奥深さ、おわかりいただけたでしょうか。

クラウドソーシングを活用することも手段の一つ

では、SEO対策を依頼しよう。となると、今まではSEOコンサルティング会社やSEOに強い制作会社に依頼するのが選択肢だったかと思います。しかし最近では、クラウドソーシングを活用して依頼するという選択肢もでてきました。

クラウドソーシングには、SEOの知識を有していることはもちろん、システム周りの知識も豊富なフリーランスのSEOコンサルタントが多数登録されています。クラウドソーシングは、企業への依頼とはことなり、個人のSEOコンサルタントを指名して発注する仕組みのため、この人に依頼したいというように、実績を見て直接依頼をすることが可能です。二人三脚でサイトを成長へと導いてくれるビジネスパートナーをクラウドソーシングサイト上で探してみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングを活用してSEO対策を行ない、”見られるサイト”へと育てていきましょう。

<ライター:田中 嘉人>

SEOの仕事を依頼できる方を探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ