ライティングの仕事、誰に任せる?クラウドソーシングでプロのライターを見つけよう。

2015年03月10日

52
WEBコンテンツや会社パンフレットを作成するときに、必要になるのが文章力。「日本語なら書ける!」と自分で書こうとしても、読みやすく、かつ相手に伝わる文章を作成するのは意外と難しいもの。特に、伝えたいことが多ければ多いほど、文章にまとめるのは至難の業です。では、どうすればいいのでしょうか?効率的にライティングするための方法を考えてみましょう。

ライティングの仕事、自分でもできるんじゃないの?

「難しいとは言っても自分でできるでしょ?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。確かに、プロに頼まなくても、文章は書けるでしょう。しかし、ライター経験がない限り、ビジネスシーンのライティングはプロに任せたほうがいいといえます。その理由をご紹介しましょう。

1.ターゲットが興味のある文章を作成してくれる。

第三者に任せる最大のメリットは、客観性のある文章になるということ。自分で自社商品やサービスについて書くとなると、「よく見せよう」という気持ちが先行してしまい、あれもこれもとさまざまな情報を詰め込んだ文章になりがちです。いくらたくさん書いても、メリットのない文章は読まれません。一方、プロのライターはターゲット読者のメリットとは何か、ということから考えます。そのうえで内容を吟味して文章を作成するので、読者にとって興味を持てる情報へと昇華することができるのです。

2.メディア特性の違いを理解したうえで文章を作成してくれる。

WEBと紙とでメディアの特性は大きく異なります。一般的に言われているのは、WEBは紙と比較して、パッと見ただけでは書いてある内容を理解しづらいメディアだということ。つまり「パンフレットの文章なら書いたことがある」という人でも、同じ感覚でWEBコンテンツを作成すると失敗してしまう可能性があるということです。プロに依頼すれば、[タイトル]や[見出し]、[段落分け]など読みやすくするための工夫をしたうえで作成できます。

3.読みやすい文章を作成してくれる。

文字数の多い文章よりも、文字数の少ない文章のほうが理解しやすいですよね。しかし、やみくもに文章を短くすると伝えたい情報も削ってしまいがち。プロのライターであれば、伝えたい情報は同じまま文章を短くするということが可能です。
 
たとえば、「花粉症になってしまったら、花粉が体内に入るのを防ぐためにめがねやマスクを装着することが効果的だ」と「花粉症対策には、めがねとマスクが効果的だ」という2つの文章を比較してみましょう。意味はほぼ同じでも、後者のほうが読みやすいのではないでしょうか。読みやすい文章の作成にはコツがあります。コツがわからないうちは、プロに依頼したほうがいいでしょう。

ライティングの奥深さはわかった!でも、プロのライターってどうやって見つけるの?

自社内にライターがいたり、知り合いにフリーライターがいたりすれば、依頼できますよね。もしめぼしい人がいない場合は、クラウドソーシングを活用するというのが有効な手段です。

クラウドソーシング「ランサーズ」のライティングカテゴリには、1万名超のライターが登録しています。ライターのプロフィールページからスキルや得意分野、過去の実績、クライアントからの評価をチェックできるので、任せたい仕事にピッタリなライターを見つけられるでしょう。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

<ライター:田中 嘉人>

仕事を依頼できるライターを探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ