クリックされるバナーが必要なときこそクラウドソーシング|バナー作成の依頼方法

2015年02月13日

バナー広告を出稿することになったとき、最も重要なのはクリックされることですよね。バナーの表示回数で課金されるインプレッション保証型にしても、バナーのクリック数に応じて課金されるクリック保証型にしても、ユーザーがクリックしたくなるバナーを出稿する必要があります。

では、表示されたときにクリックしたくなるような魅力的なバナーを作成するには、どんな方法があるでしょうか。また、複数のバナーデザインが欲しい場合、誰に・どんな依頼をするのがベストか。それぞれに対応する、クラウドソーシングを利用したバナー作成・バナーデザインについて解説します。

32_banner

デザイン重視でバナー作成を依頼したい―コンペで募る

複数のバナーデザインを求めるのではなく、デザイン性重視で作成したい場合にお勧めの方法をご紹介します。クラウドソーシングの「コンペ形式」でデザインを集め、複数のアイデアから用途に一番合うものを選ぶという使い方です。

クラウドソーシングには、プロのデザイナーとして活躍中のフリーランサーが多数在籍しています。それぞれ得意なデザイン領域が異なり、かつデザインテイストは様々。

コンペ形式で多くのフリーランサーであるデザイナーからアイデアを集め、最も気に入ったデザインをバナー広告として利用することができます。

発注側のオリエンテーション、ディレクション、納期、報酬によって、集まってくるバナーデザインの数は異なりますが、「どれも素敵で選べない」とならないようご注意ください。

デザインやコピーの異なるバナーを大量に発注する場合

「大規模なキャンペーンを実施するため、複数のバナーが必要な場合」「異なるターゲットに対して一斉にアプローチするため、異なるバナーが必要な場合」「複数のサイトに出稿するが、媒体のトーンに合わせたバナーを入稿したい場合」「バナーで打ち出したい商品やサービスが複数ある場合」など、一定期間に大量のバナー作成・バナーデザインを求めるケースがあります。

そんなときはクラウドソーシングの「プロジェクト形式」を利用してみましょう。「コンペ形式」でバナーデザインを大量に集めるのとは異なり、その仕事に対する計画(納期・納品数・報酬・過去の実績など)の提案を集めることができます。

集まった提案内容を比較し、最も信頼できるフリーランサーに仕事を依頼することができます。詳細についてはフリーランサーと相談しながら詰めていくことができるので、クオリティの管理がし易い方法です。

質も量も満足できるバナーを手に入れるには、コンペ形式+プロジェクト形式を複合する

「コンペ形式」で気に入ったデザインのバナーを選ぶ。「プロジェクト形式」で大量のバナー作成を依頼する。どちらの形式を選ぶのがベストかは、求めるバナーデザインの質と量、予算と納期などから判断しましょう。

また、少し上級なやり方として、「コンペ形式」と「プロジェクト形式」を複合する依頼方法もあります。まずは、「コンペ形式」で1種のバナーデザインを募集し、その中で気に入ったデザインを作ったデザイナーを指名して、追加のバナー作成を「プロジェクト形式」で指名依頼をするというやり方です。
自分に合ったデザイナーを効率的に見つけることができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

以上のように、クリックされる(効果のある)バナー作成・バナーデザイン依頼の手段として、全国のフリーランサーを依頼先として選べるクラウドソーシングはお勧めです。

<ライター:城戸内 大介>

仕事を依頼できるバナーデザイナーを探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ