アクセス解析のポイント|正しく現状を把握するために。

2015年02月06日

画像31
ECサイトを立ち上げたり、自分のブログページを開設したり…。誰でも気軽にWEB上にサイトをオープンしやすい環境が整ってきています。新しいWEBサービスをローンチする前に考えておきたいのが、運用方法について。WEBサイトは、“立ち上げたら終わり”ではありません。ローンチ後にPDCAをまわすことが、サイトの質の向上につながるのです。そこでカギとなるのがアクセス解析。自分の狙い通りのユーザーが来訪しているか、来訪ルートは想定どおりか、などを知ることが、改善案のタネになるのです。

しかし、正確なアクセス解析を行なうためには、アクセス解析ツール(Google Analyticsなど)の使用方法を知らなくてはいけないし、データを正しく読み解く力や改善案をレポートに書き起こす力も求められます。専門性の高い分野ということもあり、アクセス解析を専門に行なう企業もあるほど。
 
「ちょっと敷居が高いかも…」と思う方もいるかもしれませんね。しかし、アクセス解析はサイトの運営者自身が行なわなければいけないというルールはありません。クラウドソーシングを活用すれば、“自分でやらない”という選択肢をとることも可能なのです。そこで今回はアクセス解析をフリーランスに依頼する方法について解説します。

アクセス解析を通じて得られる情報とは?

まず、なぜアクセス解析を行なうべきかをあらためて考えておきましょう。アクセス解析で得られる情報としては、「アクセス数」「直帰率」「ユーザー数」「流入経路」「日毎・週毎・月毎の傾向」など。運用しているサイトの状態を把握できます。

いざ「サイトをリニューアルしよう!」と思っても、判断材料がないとどこに手を加えればいいのかわかりませんよね。サイトの現状を知り、改善のポイントを考えるうえでアクセス解析は欠かせないフローなのです。

アクセス解析を、フリーランスに依頼するメリットとは?

一般的に、アクセス解析を通じて得られたデータをもとに改善を行なう場合、数値をレポートに書き起こします。データをピックアップする際に求められるのは、数字と客観的に向き合う姿勢。自社内にアクセス解析担当者がいる場合、自社の数字をもとに状況を把握することはできても、マーケットの基準値や他社事例などと照らし合わせて、相対的な状況を把握するのは難しいものです。

一方、様々な企業からアクセス解析を請け負うフリーランスであれば、ピックアップすべきデータの選定から数字のチェックまで、過去の経験を交えたフラットな目線で実施してくれるので、現状を正確に把握することができるのです。また、フリーランスは改善案の策定やレポートの作成経験も豊富。サイトのどこに手を加えればいいのかを的確に知ることができるのです。

いかがでしょうか?もちろん自社内に優秀なアクセス解析担当者がいれば問題はありませんが、もし「正しく現状把握できているか不安」「改善案が適切かわからない」という方は、クラウドソーシングを活用してフリーランスに依頼してみるのも一つの手段だといえるのではないでしょうか。

<ライター:田中 嘉人>

仕事を依頼できるWeb・データアナリストを探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ