マニュアル作成のポイント|わかりやすいマニュアルをつくるために。

2015年01月23日

図1
新たな製品やサービスを開発しマニュアルが必要になったときの、効率的な作成方法をご紹介します。「初めて製品・サービスに触れる人でもきちんと使えるように」と、作成を求められるマニュアル(取扱説明書)。

わかりやすいマニュアルを用意しようと思っても、どんなポイントに気をつけるかの判断はなかなか難しいところです。

「わかりやすいマニュアルをつくりたい」「マニュアルづくりなどに必要な文章力に自信がない」「使い方を口頭で説明することはできるけど、テキスト化するのは苦手」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ、わかりやすいマニュアルを作成すべきなのか。

まず、わかりやすいマニュアルを作成することのメリットを確認しておきましょう。マニュアルを作成する最大の目的は、顧客が製品・サービスの機能を理解し、最大限活用するため。どんなに優れた機能を備えた製品であっても、使い方がわからなければ活用できませんよね。

たとえば、あなたが新たにスマホを買い換えたとします。せっかく魅力的な機能が搭載されていたとしても、マニュアルがなければ正しい使用方法がわかりませんし、仮に用意されていたとしても内容がわかりづらければ意味はありません。結果として、利用満足度が下がってしまうでしょう。つまり、マニュアルのクオリティは、顧客の満足度に直結するということがいえるのです。

意外と手間がかかるマニュアル作成。

重要性の高いマニュアルですが、つくるとなるとプロセスは意外と複雑。フローの洗い出し、テキスト化、マニュアルとしての機能性の検証…などなど。完璧なマニュアルを作成しようと思えば思うほど、非常に手間がかかるものなのです。なかなかマニュアル作成に着手できないという方であれば、心当たりがあるかもしれませんね。

クラウドソーシングを活用し、マニュアル作成をプロのライターに依頼する。

そこで検討していただきたいのが、クラウドソーシングを活用してマニュアル作成をフリーランスに依頼するという方法です。

わかりやすい文章でテキスト化してくれる

クラウドソーシングを活用することのメリットは、プロのライターがテキスト化してくれるという点です。専門性の高い用語だとしても噛み砕いてライティングしてくれるので、誰が見てもわかりやすいマニュアルをつくることができるのです。

納期を設定して進めることができる

「当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、自分でマニュアルを作成しようと思ったらついつい後ろ回しにしてしまいがち。フリーランスの方に依頼すれば、納期を守って作成してくれるため、きちんと現物が手元に届くのです。

顧客にとってわかりやすいマニュアルを作成したいという方は、ぜひクラウドソーシングサービスの活用を検討してみてください。

<ライター:田中 嘉人>

仕事を依頼できるライターを探す


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ