なぜ、システム開発・システム運用はクラウドソーシングを利用すべきなのか。

2014年10月22日

用語03

突然ですが、あなたが会社でシステム開発やシステム運用の担当になったら、どうしますか?仮にスキルを保有していたとしても、あなたの時間をシステム開発や運用に投下することは難しいはず。おそらく製作会社に依頼するのが一般的なのではないでしょうか。製作会社へ委託する前に一度検討していただきたいのが、クラウドソーシングサービスを活用し、フリーランスへ依頼するということです。
 
なぜフリーランスへの依頼を薦めるのか。なぜなら、製作会社にはない、フリーランスならではのメリットがあるからです。こちらでその詳細をご紹介します。

システム開発におけるフリーランス利用のメリットとは?

フリーランスの特徴は、柔軟性の高さです。たとえば、「システム開発の工程におけるコーディングの部分だけ対応してほしい」や「個性的なデザインを取り入れてほしい」といった要望も、製作会社と比較して叶いやすくなります。システム開発の一部分をお願いしたい場合やあまりコストをかけずに開発したい場合などは、フリーランスに依頼したほうがオトクです。

システム運用におけるフリーランス利用のメリットとは?

フリーランスが開発した独自性の高いシステムであれば、やはりフリーランスに運用を依頼するのがベターです。独自の仕様であれば、きちんとドキュメント化されていないと他の人が運用するのは難しくなるからです。製作会社と比較して柔軟に対応してもらえるフリーランス、それも可能であれば開発を手がけたフリーランスに依頼するのがベストだといえます。

もちろん、製作会社にも、サーバを手配してくれたり、サービスが手厚かったり、といったメリットはあります。それぞれのメリットを照らし合わせて、最適な方法をとるようにしたいですね。

<ライター:田中 嘉人>


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ