複数のWebデザインから選べる|クラウドソーシングを利用したウェブデザインコンペ依頼

2015年01月13日

Webページのデザインを社外の人に依頼したくなったら。多くの場合、制作会社を見つけて、費用を支払うことで提案してもらいます。初回で納得いくデザインが提示されれば、大きな問題はありません。でも実際の現場では、こんな声を耳にします。

・提案されたデザインのクオリティがちょっと……
・提示された見積もりが想像より高かった!
・デザインは好みがあるので、複数案を見ないと決められない
・急ぎでデザイン案が必要だけど、これまでの方法じゃとても間に合わない

さて。困りましたね。そこで、新しいWebデザイン案の集め方をご紹介します。デザインの品質、金額、提案数、納期にまつわる問題を解決できるかもしれません。

25_Webdesign

クラウドソーシングでWebデザインってどうなの?

ウェブデザインを依頼するときに発生する、様々な問題点。それらを一気に解決する可能性を秘めた、新しいデザイン案の集め方とはどのような方法なのでしょうか。

ズバリ、クラウドソーシングを利用したデザインコンペです。

クラウドソーシングについて多少でも知っている人であれば、「フリーランスの方からデザイン案を集めるってやつでしょ。品質とか金額とか、本当に問題点を解決できるの?」と思うかもしれませんね。

以下では、クラウドソーシングを使ったWebデザイン制作において、品質・金額・納期などの面でのメリットについて解説していきます。

複数のデザイン案から選べる。

ウェブデザインの品質に対する不安ですが、それ自体はクラウドソーシングでも制作会社に依頼するのでも、どちらにも発生し得るもの。だから気にする必要はありません……と無責任な話ではなく、きちんとクラウドソーシングの利用にメリットがあるのです。

クラウドソーシングでWebデザインを依頼する場合、コンペ形式という手法が選択できます。発注主が金額やテイスト・納期などを伝えると、多数のデザイナーからデザインや金額の提案を受けられる方法です。

それぞれの提案を見比べて、納得したWebデザイナーに発注することができます。最初にデザインや金額の提案内容を確認できるので、納得できるものにだけ発注することができます。

提案してくれるウェブデザイナーは、制作会社で経験を積んだプロフェッショナルも多数います。実績や評判から信用を判断することができるのも、クラウドソーシングサイトを利用するメリットと言えるでしょう。また提案に対して修正の要望を出すことも可能なので、納品されるデザインのクオリティについては、安心していただけると思います。

Webデザインを制作会社に依頼するより、低コストでクオリティを上げることも可能。

複数のWebデザイナーから提案を受けるのに、支払う相手はひとりだけ。実際に発注したウェブデザイナーにだけ、対価をお支払いしていただきます。仮に10万円の予算を用意していた場合。制作会社からは2~3案のデザインパターンしか見せてもらえないかもしれませんが、クラウドソーシングであればもっとたくさんのデザインから、納得いくものが見つけられます。しかも、金額は一提案分だけ。気に入ったひとつにだけ、支払いをすれば良いのです。

もちろん金額は、ボリュームとクオリティ、難易度によって異なります。上手に要件定義やディレクションすることができれば、3万円からの発注も可能。逆に考えると、制作会社に支払う10万円の予算を提示すれば、予想以上のクオリティで多数のデザインを見比べることができるのです。

柔軟な納期に対応できる。

最後に納期についてのお話です。急な用件でWebデザインが必要となるケースに対応できるのも、クラウドソーシングで依頼する理由のひとつになるかもしれません。

クラウドソーシングサイトには、フリーランスを中心とするウェブデザイナーが大勢登録しているため、短納期に対応できるパートナーが見つかりやすいといえるでしょう。

コンペでWebデザインの提案を集める際、納期を指定することが可能です。一日単位で期日を設定して依頼もできるため、急場をしのぐことも期待できます。もちろん、品質・金額・納期にはバランスが必要ですから、短納期の依頼には、支払う金額を高めにするなど、緊急度や予算の範囲で判断するのが安心でしょう。

様々なメリットがあるクラウドソーシングを利用したWebデザインの作成。勝手知ったる制作会社やウェブデザイナーに依頼するのは安心ですが、「今回は違ったテイストがいい」「たまには違ったアイデアを使ってみたい」という際の選択肢として考えてみるのは面白いですよね。

今までに出会えなかった、新しいWebデザイナーやデザインと巡り合うことができるかもしれません。

<ライター:城戸内 大介>


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ