ホームページ作成の選択肢|オリジナリティ・クオリティ・価格を追求したクラウドソーシングでのホームページ制作

2015年01月09日

「会社を設立したので、まずはホームページを作成しよう」「店舗を新たにオープンしたので、既存のホームページをリニューアルする」「スマホからのアクセスが増えているので、ホームページを対応させたい」など、新規・リニューアルを問わず、ホームページをつくることになったら知っておきたい、目的や予算に合わせたホームページ作成についてご紹介します。

24_hp-sakusei

いまどきのホームページ作成にお金は必要ない!?

最近ではWebサービスやソフトウェアを使って、自分でホームページを作成することが簡単にできるようになりました。しかも無料で利用できるツールが増え、お金を払う必要もない。

「無料のサービスじゃ、昔の個人が公開していたような安っぽいページになるのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、実はそんなことありません。少しだけhtmlやcssの知識があれば、無料のツールを使ってカッコいいホームページをつくることも可能なんです。

「どうしてもお金がない」「一円も払えない」「とにかく開設していればいい」という場合は、ホームページ作成にお金を払う必要はありません。ご自身で作成し、外部に作成を依頼する費用を事業拡大のために使いましょう。

ホームページの作成費用を捻出して、外部に依頼するメリットはある?

では、少なくはないホームページ制作の予算を取って、外部に依頼するメリットはあるのでしょうか。もちろん、自分で作成する時間がかからないという利点はあります。まったく知識がない人や企業であれば、やはり外部のホームページ制作者を頼るのがいいでしょう。

時間的な問題だけではなく、ホームページで成し遂げたい目的がある場合。それを達成するスキルがないのであれば、ここはプロに依頼するのが正解です。「あるキーワードで検索した人に対して、なるべく上位で見つけてもらいたい」「ホームページで自社の魅力を伝え、問い合わせにつなげたい」「お洒落な商品を紹介するためにも、ホームページのデザインは洗練させたい」など、「自分ではできないが実現したいこと」がある場合は、外部の制作者に依頼するメリットが大きいと言えます。

ホームページ作成、誰に頼んだら間違いない?

ホームページ作成に目的があり、(額の大小はあれど)費用を準備できるのなら。まずは制作してくれる人や会社を探すことになります。google検索で「ホームページ制作」と検索してみてください。数え切れないほどのホームページ制作会社が見つかります。どこに依頼していいのか、判断できないほどに。

数あるWebページを開いて、希望をかなえてくれそうな会社を探すというのも選択肢のひとつです。中には制作実績を掲載していたり、必要な予算を概算表示しているケースもあります。この方法で納得のいく発注先がみつかれば、コンタクトを取って進めていけばいいでしょう。

「Webページを見ただけでは判断ができない」「せっかく作るのだから、もっとこだわりたい」と考えている場合は、新しい選択肢として『クラウドソーシング』をオススメします。

クラウドソーシングで満足のいくホームページはできあがる?

ホームページ作成の新しい選択肢、クラウドソーシング。そのメリットは、「スペシャリストに依頼できる」「コストを抑えられる可能性がある」「納得のいくデザインを選べる」など様々です。

ホームページ作成に必要な工程は複数あります。すべてを一人で完結できる人がいれば、デザインに強みを持つ人、コピーライティングに長けている人、SEOの知見を持つ人、プランニングやディレクションに優れた人など、特定の分野・工程でスペシャリティを発揮できる人まで揃っているのがクラウドソーシングの特徴。

フリーランスの中には、企業に属している人と遜色ないか、それ以上のスキルを有する人が大勢います。彼らの知見と技術を用いて、「無数に存在するホームページの中で埋もれない、自分だけのページ」をつくることが可能なのです。

他にも、工程を分解することで納期が短くなったり、費用を抑えられたりというメリットも享受できるでしょう。自分でつくる、制作会社に依頼する、クラウドソーシングで自分だけのホームページをつくる。多くの選択肢の中から、最適な手段を選んでください。

<ライター:城戸内 大介>


日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

記事一覧へ